地元のマーケットで日本食材が買える!

日本食材 現地の生活

どこの国に住んでも、食事は日本食が一番落ち着きます。

オーストラリアでは、ごく普通の地元のスーパーマーケットに、カレーのルーやキューピーマヨネーズが売っているんです。感激です。

シドニーのシティに行けば、ダイソーやMARUYUという日本食材店があります。

しかし、我が家からシティに出るには、路面電車とバスを使い約1時間かかるため、頻繁には行けません。

我が家は普段、Coles(コールズ)というごく普通の大手のスーパーマーケットを利用します。
なんとそこで、日本のキューピーマヨネーズが売ってたんです。

フランスにいた時から、色んなマヨネーズを試してみましたが、キューピーが一番好きです。

あの酸っぱさ加減が好きなんだと思います。なので、他のメーカーのマヨネーズはもう試していません。

キューピーマヨネーズが地元のマーケットに売っているということは、きっとオーストラリアの人も好きなんでしょうね。しかも500グラムのマヨネーズの定価が8ドル以下です。

さらに、よくセール対象になっているため、6ドルで買えます。

マヨネーズ好きな私にとっては、とても嬉しい限りです。ケチケチしないで日本にいた時のようにマヨネーズを使っています。

フランスではキューピーマヨネーズは高級品

フランスでは、パリ市内の日本食材を扱っているマーケットに、キューピーマヨネーズをわざわざ買いに行っていました。

しかもすごーく高いんです。500gのマヨ1本で8ユーロでした。オーストラリアでは6ドル(AUD)で買えるので、2倍ですね。

フランスにいた時はもったいなくて、あまり使えませんでした。

子供たちはフランスでのキューピーマヨネーズの価値を知らないので、というより、子供なので、ドバッと出し、残します。なので、マヨだけは私がお皿に出してあげてました。しかも少なめです。

マヨ以外にも、フランスでは日本の食材は全て高かったです。今でも覚えているのが、ゴボウと山芋です。
ゴボウ1本15ユーロ、、。ありえない値段でした。山芋も15センチくらいのものが8ユーロ台です。地元のスーパーで買うフォアグラの方がよっぽど安いです。

子供たちはトーストした食パンの上に、マヨネーズとアボガドを乗せて食べるのが好きでした。

しかしマヨネーズを結構消費するので、気持ち少なめです。

たまに私がみていない隙に、娘が勝手にマヨをパンにぬっていますが、「ちょっとマヨ多すぎ!」と一言。

でも、もう大丈夫です。オーストラリアではキューピーマヨネーズが簡単に手に入るので、「自分でぬっていいよ」に変わりました。

マーケットに売っているマヨ以外の日本食材

普通のスーパーマーケットではカレーのルー、味噌汁、焼き肉のたれやドレッシングなどが買えます。

また、アジアのものが売っているアジアンマーケットでは、日本のお米、お菓子類、ドリンク類、こんにゃくや冷凍納豆などなど、たくさんのものを買うことができます。

値段はもちろん日本と比較すると高いですが、フランスと比べるとかなりお安いです。

私がよく買う商品は、キムチと納豆です。納豆はフランスにいた時よりかなり安く買えるため、オーストラリアに来てから頻繁に食べるようになりました。

ちなみにダイソーでは日本で100円のものが、オーストラリアでは3ドル10セント(≒290円)です。

爆買いはできませんが、地元のスーパーに置いてないものが手に入るので重宝しています。

基本的には、お金さえ払えば大体の日本食材は手に入ります。

マーケットに売っている野菜とミンチ肉

ミンチ肉、本当にありがたいです。

フランスでは味付けされていないミンチ肉はビーフ以外、ほぼ手に入りません。

鳥のミンチを自宅で何度か作りましたが、大変でした。 美味しいので鳥もも肉も入れてブレンダーにかけましたが、ブレンダーが熱くなって止まったりと、すごーく時間がかかりました。

オーストラリアに来てからは、合い挽きハンバーグや、つくね汁をよく作ります。

椎茸、エリンギ、エノキ、大根が地元のマーケットで買えるのも嬉しいです。

納豆、キューピーマヨネーズ、大根を買いにわざわざパリの日本食材店まで行っていました。今思ったらありえないです。

日本でお馴染みのマヨ、野菜、ミンチ肉がこんな簡単に買えるなんて、オーストラリア最高です。

いずれフランスに戻りますが、食材だけを考えるとずっとオーストラリアにいたいです。便利すぎる!

以上、日本食材が買える、地元のマーケットでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました